誰でも始められるWebページ作り入門

超初級編・サービスを利用してWebページを作る

Webページは個人のサービスや文章などを世の中に伝える手段です。
例えば、映画に詳しい人がレビューを書き連ねるWebページ持って情報発信したり、手作りアクセサリーが得意な人がWebページ上で販売することができます。

こんなふうにやりたいこと・伝えたいことを叶えるために、Webページを作りたいと思っている方がたくさんいるでしょう!
でも、小中学校の義務教育でパソコンに触れなかった世代の人や、機械音痴でパソコンをうまく使えないという悩みを持つ人も多いでしょう。

このサイトでは超初心者へ向けて、誰でもWebページを持てるようになる方法をいくつかご紹介します!
過去に挫折してしまった人も、ぜひもう一度チャレンジしてください。
Webページを完成度の高いものにするためには、確かに経験や技術、時間が必要です。
ただ、一度作らないとスタート地点に立てません。
自分で思っているだけの状況と世の中に発信している状況は大きく異なると思います。デザインを改良して、閲覧数を上げるなどのレベルを上げる作業は後からいくらでもできるので、まずはこのサイトを参考にして、Webページを開設してみてください。

Webページの既存のサービスを用いて作る方法を中心に取り上げますが、自分で作る方法にも言及します!
インターネットでよく用いられるWebページに関連したワードの説明なども
適宜加えていきます。
音楽教室のサイトや趣味のブログなど、お好きなものをテーマに作っていきましょう!

Webページを持ち、やりたいことを叶える

ブログサイトやホームページサイトを利用すると、簡単に個人がWebページを持つことができます。 この方法は初心者がブログを始めるときに、一番使われる方法です。 パソコンやインターネットに触ることにも抵抗があるような人でも、練習すれば使いこなせるようになるでしょう。

市販のソフトを触ってみよう!

無料のサービスの他にも、有料のソフトを使ってWebページを作成することもできます。 無料のソフトにあるようなテンプレートで作るより、レベルは高くなりますが、そのぶん勉強になるでしょう。 Webページ作成にはHTMLやCSSの勉強もしなければなりません。

個別に身につけたほうが良いスキル

Webページを作るためには、Webの仕組みを知ったり、ソフトの使い方を勉強したりしなければなりませんが、それだけではありません。 例えば、色を使ったWebページを作りたい場合は、色彩について勉強した方が、見た目が美しく仕上がるでしょう。 このように、Webページに必要なスキルを紹介します。